園の概要

園の概要

【保育理念】
☆ 笑顔で やさしく 、しっかり抱いて ゆっくりおろして 歩かせよ

【教育理念】
☆ 自ら選択し、工夫して努力し、責任をもって取り組む、生きる力を育てる。
☆ 自分と周りの人を大切にし、自分の心に挑戦していく、
きらり輝いた心をもった子どもたちを育てる

Scene Of Wonder ~ 不思議への好奇心 ~

子どもたちは、四季の自然とのふれ合いを通して、
『 センス・オブ・ワンダー = 驚きの感覚 』の世界をもっています。
自然の不思議さに気づき、驚き、感動し、畏敬の念すら抱くのです。
その体験からこそ、豊かな心を育み、人に役立とうとする心を育むのです。
「にじ色の森」あがた幼稚園での体験は、未来につながる子どもたちの
創造活動や探究心の源であると考えます。

七色に変わる豊かな森で それぞれの色をもつ子どもたち みんなちがって みんないい

一年のうちで太陽の光を浴びて
    七色に変化する森のように、 
大小様々な形や色の生き物や
    植物が生存する森のように、
個性豊かな子どもたちもその環境によって様々な成長を遂げるでしょう。 光や温度により様々な色合いを呈す森のように、良くも悪くもその環境は子どもたちの成長に影響を与えることでしょう。
 私たちは、決して放任ではない自由の中で、それぞれの色をもつ子どもたちが、将来自分の色を発揮できるように、「一人ひとりを抱き上げる保育」の実践に努めていきたいです。単色でも幾つもの色が集まれば無数の色が生まれます。個を大切にすることにより、集団になったときに更にそれぞれの個が伸びていきます。
 このにじ色の森「あがた幼稚園」に集う子どもたちが、それぞれの色を出し合い、ふれ合うことにより未知数のものが生まれ、前途に明るくにじ色の人生が広がることに期待を膨らませ、日々の保育の実践に取り組んでいきたいと思います。

あがた幼稚園のあゆみ

昭和44年 : 学校法人吾田学園認可 伊豆元紀伊子理事長就任
昭和45年 : 吾田幼稚園開園
昭和48年 : 園舎増築、園歌制定
昭和52年 : 増改築、定員200名
昭和59年 : 南側新園舎建設
昭和61年 : 定員280名
昭和62年 : 伊豆元登理事長就任
平成元年  : 『冒険の森』オープン
平成4年  : 西側新園舎建設、ひまわり時計設置
平成9年  : 全国幼稚園教育研究大会発表(名古屋)
平成12年 : 『きらりこども館』落成
平成16年 : 風力・太陽光発電開始 エコ幼稚園認定
平成17年 : 『ビオトープ』完成
平成18年 : 伊豆元精一園長就任 『えほんの館』オープン
全国幼稚園教育研究大会発表(静岡)
学童保育開始
平成19・20年:全国幼児教育活性化大会発表(東京)
平成20年 : 『げんき山』オープン
3歳未満児『きらり園』園舎増築
姉妹園 東郷地区『東郷の森保育園』開園
平成21年 : 『認定こども園あがた幼稚園』としてスタート
『はっぴーテラス』オープン
平成22年: 『木香里(きこり)ホール』落成
平成23年: 姉妹園 南郷地区『にじ色の海保育園』開園
東郷の森保育園が認定こども園『四季の森こども園』としてスタート

コメントは停止中です。