きらりっこタイムで菜種採りをしました~年長さん~

菜種採り

昨年の秋に植えた菜の花の苗が3月には満開になりました。菜園は黄色一色に変わり、子どもたちは菜園でお弁当を食べたり、チョウチョを追いかけたりしてたくさん遊びました。その花も終わり、菜種の収穫です。竹の棒でドンドンたたいたり踏んだりすると、小さくて黒い菜種がパラパラッと出てきます。「唐箕(とうみ)」という昔ながらの農作業機に、子どもたちは興味津々の様子でした。唐箕を使って、殻やかすを分別すると種だけ出てきます。この菜種は近いうちに工場に出して菜種油を絞っていただきます。油ができたらランチやおやつでいただきます。菜の花から油ができるなんて自然の不思議ですね。

応援や手伝ってくださった保護者の皆様ありがとうございました。日常の保育でいろいろな体験をしていきたいと思います。

菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り菜種採り

カテゴリー: おしらせ パーマリンク

コメントは停止中です。