Hope springs eternal~希望の泉は枯れず~

学校法人吾田学園の創立50周年記念事業で、新菜園「みどりの泉」が完成しました。

Hope springs eternal~希望の泉は枯れず~
 もし、あなたの家から遠くない所に、きれいな泉があったとしたら、それはすばらしいことですね。泉がわき出しているということは、その土地が生きていることのしるしです。泉は、文字のとおりの“命の泉”なのですから。
 このことわざの“希望の泉”という言葉はすてきです。どんなにつらく、どんなに厳しい状況の時であっても、“希望の泉”がわき続けているとしたら、それはその人の生命感が少しも弱まっていないという証拠です。
~「保育のロマン街道」荒井洌著より~

 あがた幼稚園に新しく誕生した新菜園「みどりの泉」には、地下水が湧き出る泉があります。雨水池もあり、ザリガニ釣りや、魚観察なども出来ます。自転車、竹馬、ミニ四駆、ドローンなど色々使えるコースもあり、みんな新菜園が大好きで元気いっぱいに身体を動かして遊んでいます(*^-^*)
 白い柵は、子どもたちが色を塗ってくれました。土を運んだり、草とりをしたり、整備もできる頼もしい子どもたちです。
 この場所で、生き物の成長や四季の変化を感じながら、たくさん遊び、たくさん学んでほしいと思います。そして、園を巣立った子どもたちの心に“希望の泉”がわき続けるような、楽しい思い出をたくさんつくってほしいと思います。

カテゴリー: おしらせ パーマリンク

コメントは停止中です。