お芋ほりをしたよ♪

 

6月中旬、みんなで植えたお芋の苗は、ウネの整備、水やり、暑い夏の日の草取り、収穫前のツルとりなど手間と時間をかけて生育しました。
子どもたちは「おーい、お芋!」「出てこい、出てこい!」と夢中になって掘り続けました。お芋が出てきたときの表情は、なんとも言えないくらいにキラキラと輝いていました!
収穫できたお芋はランチ室の先生が蒸かして砂糖とバターで味付けしてくれました。
「味覚」は「記憶」「意識」と結びついていると言われています。「おいしい、楽しい」経験はいつまでも記憶に残るものです。子どもたちの笑顔をみていると、お芋ほりの「楽しい」が「おいしい」と結びついて、いつまでも記憶に残っていくのだと実感しました。


カテゴリー: おしらせ パーマリンク

コメントは停止中です。